ご挨拶

檜垣造船株式会社
代表取締役社長 檜垣 宏彰

日本は四方を海に囲まれた「海洋国家」であり、製造業が経済の中枢を担う「ものづくり大国」です。昔から海運や造船は人々の暮らしを支える主要産業として発展してきましたが、近年の世界的な経済不況や近隣諸国の造船設備増強により、日本の造船業界は難しい舵取りを迫られています。このような時代の中で生き残るためには、職場環境・品質・技術・生産性の向上、優秀な人材の確保・育成などが必要です。さらに今後の成長・発展には、環境に配慮した「地球にやさしい船舶」や省エネルギーで航行できる「高経済船」の建造が求められています。
今こそ創業以来のモットーである「時代のニーズに応える船づくり」に立ち返り、物流の合理化や地球環境の保全に直結する船舶の建造と修理に全力で取り組んで参ります。また、協力会社や地域の皆様とともに発展することで、地域経済の活性化や雇用の安定に貢献していく所存です。今後とも引き続き皆様からのご指導、ご支援をお願い申し上げます。

経営理念

  1. 企業は、生き続けなければならない。
  2. 企業は、そこで働く人々を幸福にしなければならない。
  3. 企業は、社会に奉仕しなければならない。

経営方針

「時代のニーズに合ったよい船を建造し、当社を支援して下さる人々と共に歩み、共に発展する。」