檜垣造船株式会社

ABOUT US
ABOUT US

なみを超えろ。

檜垣造船が目指すのは、「ニーズに合った船舶の建造」。
現状に満足せず、時代や環境の変化にいち早く対応して期待以上の船舶を開発・建造していくことが私たちの目標です。
お引き渡しした船が、安全かつ安定して運航し、
物流の要として活躍することで、社会に貢献していきたいと考えています。

船種を特化せず、
ニーズを重視した建造

貨物船・タンカー・LNG 船など、船種に特化せず、お客様が必要とされる船舶を造る、というのが檜垣造船の方針です。
日本初の「内航LNG船」、「LNG 燃料内航貨物船」の建造などがその一例です。
いままでも、これからも。
檜垣造船は新しい技術を取り入れながらニーズに合わせた船づくりを続けていきます。

迅速な規制への対応、
環境への配慮

日々変化を続ける法律・規制にいち早く対応、合わせて環境対策にも取り組んでいます。
近海船初となる「騒音規制対策船」や「エコシップ(Hi-Max-Eco シリーズ)」を建造。
前者では国内造船所初の日本海事協会船級付記「NVC(Noise and Vibration Comfort)」を取得。
後者では大幅な燃費削減を実現し、加えて CO2排出規制 EEDI(Phase3) もクリアしています。

迅速な規制への対応

環境への配慮

またゼロエミッション船の開発・建造の第一歩として、日本国内で内航貨物船初のLNG燃料船を開発・建造しました。
代替燃料を主燃料とした船舶であり、CO2排出量の大幅削減を実現しました。
引き続き迅速な法規制への対応、ゼロエミッション船の開発・建造に取り組んでいくことはもちろん、SDGsの観点から工場単位でのゼロエミッションの実践に向けて取り組んでいくなど、状況に合わせた取り組 みを積極的に行っていきます。